出費が多いとき。宇宙のサインを読み取る3つのポイント

せっかく投資を続けてきたのに、または貯金をしてきたのに、それを全部吐き出さなければいけないほどのアクシデントに見舞われる。なんてことはありませんか?

例えば車を盗難される、家が地震や火事で住めなくなってしまう、離婚して沢山の慰謝料を払うことになった、などなど、予想外の出来事で出費が大きくなることも。

長期で投資や貯金をし、時間をかけてインカムゲインで豊かになるのを目指すとすれば、こういったアクシデントが最も大きな障害となるでしょう

f:id:happylibrary:20201231181144j:plain

このような障害が身に起こると、「結局、一攫千金もダメだし、コツコツやってもダメか、、」と諦めてしまいたくなってしまいます。

ですが、僕はそうではないと思います。これは自分の身の回り金銭を一度整理しなさい、と宇宙から言われているサインだと思うのです。

今回の記事では、少しスピリチュアルな話も混ざりますが、この出費にまつわるピンチから宇宙のサインを読み取り、稼ぐ力をワンランクアップさせるポイントについて考えてみたいと思います。

出費が多いとき。宇宙のサインを読み取る3つのポイント

f:id:happylibrary:20201106002114j:plain

スピリチュアルの世界ではよく、人生での困難が起きた時は、魂がレベルアップするための障害が宇宙から与えられている、と言われます。

ちょっと怪しい話になってしまいますが、世の中は科学や合理性では理解できないことがたくさんあります。

こうしたことは宇宙や神、前世などにコントロールされていると捉えれば、前向きにもなれるというものです。

どのみち状況が悪いわけですから、じっとしているよりは、なにか行動を起こしてこれまでのことに変化を与えた方が良いわけです。

宇宙は人生を導いていることを知る

f:id:happylibrary:20210527072332j:plain

宇宙は実は、われわれ一人一人の人生を把握していて、その変化のタイミングをも知っているとも言われます。

もしそんな話を信じられなくても、悪いことが続いたり、出費が重なる時こそ、物の見方を変えるいい機会だと思うことはできるでしょう。

たいていの人は予定調和のみの人生では、退屈で生きていけません。変化のない、行動しない人生ではなく、メリハリのあるストーリー性に富んだ生活を望んでいます。

だからこそ、変化や新しい行動が求められる状況に遭遇する。というわけです。

頻繁に現れるわけではなく、今度こそもうダメだ!と思われるような厳しい状況に行きついて、はじめて人は変化を意識し始めるというわけです。

ですので、人生からの、または宇宙からの、もしくは神からのこの試練ともいえるメッセージを読み解き、自分の行動に変化を与えれば、いままでよりも一層稼げるようになるはずなのです。

澱んでいるお金から吐き出す

f:id:happylibrary:20200515105552j:plain

出費が増えている時、まずは自分の手持ちを整理することが大切です。

こうした時、財布のことではなく、身の回りを断捨離し、掃除に励んだら一気にお金持ちになったというのはよくある話です。

ミニマリストと言われる人々のなかにも、そうしたきっかけで人生の状況を変化させた人も沢山います。

こと金銭のことでいえば、身の回りで澱んでいるお金を使うように、宇宙から暗示されているとも捉えられます。

たとえば、投資しているけれど全く増えない株、分配金が極端に下がった投資信託、長い間空室で家賃の入ってこない賃貸物件などです。

こう言った資産は、あなたのポケットに収入を入れてくれないばかりか、ほかの元気のいい資産への資金流入をも止めてしまうという悪影響を及ぼします。

全く増えない資産が現金だったら、当然あなたは増える資産の方にお金を動かすはずです。

これが株や投信に形を変えていると、いつかプラスに動き出すのではないか、と期待してしまい、なかなか処分できません。

しかし、結局は何ヶ月、いや何年もそこに停滞してしまい、増えるはずの元気のいい資産へ資金を入れられなくなってしまうのです。

畑で作物を育てる時も、いくつかの育ちの悪いものは間引きしなければなりません。でないと余分な栄養を吸い取られ、ほかの作物の育ちも悪くなってしまいます。

予定通りに増えなかった資産や、ましてや減ってしまった資産については、もっと増えるだろうとか、元本を取り戻すまで塩漬けにしてしまいます。

まさにこれはサンクコストです。これらの資産は澱んでいますので、元本を取り戻すどころか、さらに減っていくことでしょう。

ポートフォリオを組み直す

f:id:happylibrary:20200502193123j:plain

実際僕も、おおくの資産を澱ませています。なかには元本を大きく割り込んでいるものも、、

こんなとき、出費は元気な資産こそ崩してしまいがちです。こうした資産は、再開したときにすぐに増えるので、一度切り崩しても元に戻ると思いがちです。

しかし、ポートフォリオでみれば、元気のいい資産が減って、増えない、澱んだ資産に囲まれることになります。

運気も下がりますし、ましてやそのような資産が跳ね上がってお金を取り戻すことなどできません。

こうした資産ははやめに損切りして、ほかの元気の良い、伸び盛りの資産に当て直すべきなのです。

出費がかさんでいるときこそ、澱みのある資産を整理して、元気のよい資産を残す。そうすべき時期に来たことを、宇宙はあなたに暗示しているのかもしれません。

まとめ 出費がかさむのは人生の変わり目

f:id:happylibrary:20200502193347j:plain

ここまでの話をまとめてみると、出費がかさむときには

1.宇宙は人生を導いていることを知る

2.澱んでいるお金から吐き出す

3.ポートフォリオを組み直す

となります。

出費がかさんでしまうのは望ましくありませんが、宇宙や神様が自分の行動の見直しをもとめているタイミングでもあります。

行動が見直されるということはすなわち、人生の転換期ということでもあります。

悪いことが続いている。お金も無くなってしまった。などとマイナスに捉えずに、ぜひ前向きに捉えて自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

そうした行動から、思わぬ発見や新たな活路が開け、次のステージの幕が開くこともあります。それは自分の本当に望んでいる方向へと進む良い機会になるのです。

出費という形で膿みを出し、その出費があなたの人生にとって何を意味しているのかを読み解きましょう。きっとより大きな収穫を得ることごできるようになるでしょう。

コメントくださると励みになります!